その他のヘルペスの治療

唇にできるニキビとヘルペスの違いや見分け方

2017/08/18

f4f4f4f44f

唇にニキビは出来るのか?

基本的にニキビや吹き出物は毛穴にアクネ菌が繁殖することにより炎症して盛り上がるという状態をいいます。唇には毛穴がないために、仮にアクネ菌などの細菌が取りついて炎症が起こったとしても、円形に盛り上がることはなく、いびつな形に腫れて黒く変色します。よって、俗にいうニキビや吹き出物といった形状にはならないので、唇にはニキビや吹き出物は発生しません。

以上のような理由で唇にはニキビは出来ませんが、唇周辺や唇の際には出来るので、よくヘルペスと間違われることがあります。

 

ニキビとヘルペスを見分ける方法

先ほど説明した通り、ニキビは口の周辺又は唇との境界線にしか出ません。なので、見分けをつけるのは簡単ですが、唇の境界線に出来ている場合、ヘルペスかニキビか判別不能になる時もあります。そのような時の見分け方ですが、出来物の先端が赤又は白になっているものはニキビであり、色が皮膚と同じ又は赤がヘルペスです。更に、痛みや痒み、又は感覚異常がないのがニキビで、チクチクやピリピリといった痛痒い症状が出るのがヘルペスです。また、ヘルペスは一か所でるとその周囲に同じような水疱が集中して発生するのに対して、ニキビは一か所に集中するということはありません。

 

唇の周囲に出来るニキビの原因

唇の周囲だけにニキビが出来るという症状を訴える方がいます。その原因について説明します。口の廻りだけにニキビが出来る原因として多いのが「胃腸の不具合」です。胃腸に炎症があったり、胃腸に熱が入っている、胃腸の働きが低下しているなどがあると、炎症や熱が食道を伝わり口周辺に届き口の廻りの免疫を低下させるのでニキビが出来やすくなります。口の廻りにニキビが出来ている時は、甘いものや脂っこいものの過食、冷たい物の摂りすぎ、生ものの過食、早食いなどを避けると共に、アルコールやたばこ、カフェイン、辛い物などの刺激物の摂取も控えるようにすることにより、胃腸の状態を整えることを心掛けるようにします。

また、男性ホルモンの亢進によっても出やすくなるので、男性ホルモンの分泌を高めてしまう性的興奮や筋力トレーニング、動物性タンパク質の過剰摂取、ストレスなどを避けて心穏やかに過ごすことを心掛けるようにします。毛穴に溜まった脂質の酸化も原因になるので、過度の日焼けを避けながら、抗酸化作用の高い果物や野菜を積極的に摂るのも効果的です。

 

口の廻りのニキビとヘルペスの関係性

先ほど口の廻りのニキビは胃腸の不具合が原因で生じる免疫の低下という説明をしましたが、口の廻りの免疫が低下すると口唇ヘルペスも発生しやすくなります。要するに、口の廻りにニキビが出来やすい人というのは、口唇ヘルペスも出来やすいということがいえるのです。何故かというと、口唇ヘルペスは免疫の低下で発生するからです。その他、口内炎や口唇炎、口角炎、舌炎、歯肉炎なども出来やすくなります。

 

口の廻りのニキビと口唇ヘルペスの治療法

口の廻りに出るニキビは先ほど説明した通り、胃腸の働きを整えるということを意識すると同時に、アクネ菌を抑制する「抗生物質」などの塗り薬や内服薬やビタミン剤などを用います。その他、ピーリングやイオン導入、注射治療などがあります。それに対して、口唇ヘルペスは抗ウイルス作用のある塗り薬や内服薬によって治療を行います。このような違いがあるので、適切な治療法を選択しないと治療を続けても治癒させることができません。自分自身で見分けることが出来ない場合には、病院や薬局などで専門家に相談するようにして適切な治療法を行うようにしましょう。

 

d41w54da  

-その他のヘルペスの治療