口唇ヘルペスの再発を防ぐ方法

口唇ヘルペスでやってはいけないこと!

2017/10/06

f44f4f

口唇ヘルペスを触らない

口唇ヘルペスの原因はヘルペスウイルスの増殖です。体内に潜んでいたヘルペスウイルスが免疫の低下に便乗して増殖して、口唇に不快な水膨れを生じさせます。この水膨れ部分の内部にはヘルペスウイルスが大量に含まれているので、手で触ってしまうとヘルペスウイルスが触った手によって、他の場所や他者へ感染を広げてしまいます。口唇部に水疱ができるのでつい手で触りたくなりますが、感染を広げてしまうことや、患部の治癒を遅らせてしまう原因になるので、なるべく触らないようにします。

 

水疱を破らない

口唇ヘルペスの水疱は絶対に破ってはいけません。何故かというと、水疱の中にはヘルペスウイルスが大量に存在しており、破ってしまうことによってそのウイルスが外に放出され、水疱が拡大してしまうからです。更に口唇だけではなく、水疱が破れた部分を手で触ってしまうと、手を介して他の部分や第三者に感染を広げてしまうことがあります。また、水疱を破ってしまうと、細菌などが入り込んで二次感染を引き起こして症状がひどくなってしまうことも考えられます。以上のように、沢山のデメリットがありますので、水疱は絶対に破ってはいけません。

 

性行為やスキンシップはNG

口唇ヘルペスに感染している時、又は口唇ヘルペスに感染していると思われる時は、他者と触れ合う性行為やスキンシップはNGです。口唇ヘルペスに感染している状態で他者と接してしまうと、原因となるウイルスをうつしてしまい、更に感染した相手と再び性行為を持つことによって自分も感染してしまうという堂々巡りを繰り返してしまうことがあります。口唇ヘルペスはもちろん、性器ヘルペス、角膜ヘルペスに感染している場合でも同様に性行為やスキンシップはNGです。

口紅やグロスは基本的にはNG

刺激の強い香料や着色料が入っている口紅やグロスは基本的に口唇ヘルペスを悪化させてしまう可能性が高いので使わないようにします。紫外線カットや唇によい作用のあるリップクリームは使っても差支えありませんが、水疱が破れている時や口唇ヘルペスの炎症や痛みが激しい時は使用しない方がいいでしょう。また、リップクリームの使い回しなどは感染を広げてしまうのでしないようにします。基本的には何も塗らずに様子を見るようにします。

 

箸やコップ、タオルの使い回しに注意

箸やコップ、顔を拭くタオル、唇に塗るリップクリームなど患部に触れたものを使い回すのはやめましょう。感染を他者にうつしてしまう危険性があります。家族に感染が広がってしまうと、再び自分が感染してしまうということになりかねません。よって、口唇ヘルペスに感染している時は、なるべく他者にうつさないように気を付けるようにしなければなりません。

 

ステロイド剤に注意する

ステロイド剤とは体内の副腎という臓器から分泌される副腎皮質ホルモンに似た性質を持つ薬です。炎症や免疫を抑制するという作用を持つので、外用剤として皮膚炎や痒みを抑制する薬、内服としては肺炎や腎炎、関節痛などに用いられています。このステロイド剤を口唇ヘルペスに用いてしまうと、免疫を抑制するという働きにより、ヘルペスウイルスが増殖してしまうことがあるので使用してはいけません。他の病気の治療でステロイド剤を使用している場合には、主治医に口唇ヘルペスに感染したことを知らせるようにします。

 

寝不足や疲労、食事の偏り

口唇ヘルペスを早く治したいと思うのならば、体力や免疫を低下させる寝不足や疲労、食事の偏り、ストレスなどは避けるようにします。特に睡眠時間を削ってしまうと免疫が低下してしまうので、なるべく睡眠時間だけは削らないように心がけるようにしましょう。まずはヘルペケアなどサプリメントでしっかりと予防していきましょう!
おすすめリジンサプリはこちらで紹介!

 

d41w54da  

-口唇ヘルペスの再発を防ぐ方法