口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスになったら「飲み薬」vs「塗り薬」どっちが良い?

b14b4114b

口唇ヘルペスに適した治療法

口唇ヘルペスは比較的軽い症状が多いので、一般的には塗り薬での治療が行われています。しかし、程度が重い場合や、何度も繰り返す場合には飲み薬によって治療を行います。その時の症状や体力及び免疫の状態などを加味して、医師が治療方法を判断するというのが一般的となっています。自分自身で治療を選択する場合には、今までの治療効果や口唇ヘルペスの重症度などを考慮し、塗り薬だけでは治りにくいと場合には病院を受診するようにし、塗り薬だけですぐに治るという場合には塗り薬にて対応するようにします。

塗り薬の利点と弱点

塗り薬の利点としてあるのが副作用が少ないという点です。稀にアレルギーや皮膚の不快症状などの副作用をもたらすことがありますが、頻度が少なく、一度使ってみて何もない場合には、その後不快症状が生じる可能性は低いといえます。更に、市販品として販売されているので、病院に行かなくても購入して利用することができます。忙しくて病院に行く暇がないという方にとっては嬉しいメリットになります。

次に弱点ですが、抗ウイルス効果が皮膚表面に限られるため、症状を抑制する効果が弱いという点が挙げられます。飲み薬や点滴治療の場合は皮膚内部のヘルペスウイルスに対しても抑制効果があるので、改善効果が高いのに対し、塗り薬の場合は効果が限定的となります。

飲み薬の利点と弱点

飲み薬の利点としてあるのが効果の発現が早いという点と、治癒効果が高いという点です。飲み薬は塗り薬と違い、口唇に発生しているヘルペスウイルスを抑制するのはもちろん、神経節に潜んでいるヘルペスウイルスも抑制することができます。特に口唇ヘルペスに初めてかかった時などは、発熱やリンパの腫れなどの強い不快症状が出ることがあるので、飲み薬や点滴など効果の早い治療法を選択することが求められます。

飲み薬の弱点としては肝臓への負担が大きいという点と副作用が生じることがあるという点です。口唇ヘルペスに用いる薬は肝臓で代謝されるので、肝臓に負担をかけてしまいます。人によっては肝機能障害が引き起こされ、倦怠感や食欲不振、吐き気、発疹、黄疸などの症状が出ることがあります。その他、副作用としてアナフィラキシーショックや血小板減少性紫斑病など様々な副作用が報告されています。

 

飲み薬と塗り薬は併用することはできない?

基本的に塗り薬と飲み薬を併用して処方する病院はありません。理由は併用してもあまり効果に変化がないからです。飲み薬を用いた場合、唇表面までしっかり効果が行き届くので、その効果については塗り薬を利用してもしなくてもそれほど変化はありません。よって、飲み薬と塗り薬を併用することはないのです。

基本的には医師の判断を仰ぐ

以上、塗り薬と飲み薬のメリット、デメリットなどを説明して来ましたが、基本的にはどの治療法を選択するかは病院の医師の判断を仰ぐようにします。そうした上で、症状と治療法方法、治癒の過程などを把握できたのならば、その時の自分に見合った治療法を自分自身で選択するということも可能になります。自分自身でコントロール可能になった後でも、症状が変化した時や体調の変化、慢性病の有無、効果の変化などがあった場合には、自己判断せずに病院を受診して医師の判断を仰ぐようにします。また、治療を行っている最中に何らかの体調の変化や違和感を感じた際には、我慢せずに医師又は薬剤師に相談して速やかに対処するようにしましょう。

 

d41w54da  

-口唇ヘルペスの治療