口唇ヘルペスの再発を防ぐ方法

口唇ヘルペスはどのくらいで治るのか?またどのくらいの周期で発症するのか?

g4g44g4g

口唇ヘルペスが治るまでの時間

口唇ヘルペスは特に何もしなくても、健康な方であれば2~3週間程度で完治します。塗り薬を使った場合には1~2週間程度で完治し、抗ウイルス剤などの飲み薬を使うと更に数日短縮します。このような傾向があるものの、免疫や体力の低下などがあると、治癒までの時間が長くなってしまうこともあります。また、口唇ヘルペス以外に唇の皮膚炎や乾燥などがある場合には、症状が長引く傾向にあります。

口唇ヘルペスが長期化する場合

口唇ヘルペスが長期化する原因としてあるのが、発熱やリンパ節の腫大などを伴うというケースです。発熱は免疫が過剰に反応しているというサインであり、口唇ヘルペスが治ったという場合でも、いつまでも発熱や痛みといった症状が残り続けることがあります。リンパの腫大がある場合は、ヘルペスウイルスが神経を伝って唇以外の場所に炎症を引き起こしている可能性がありますので、口唇ヘルペスよりも治癒するまでの時間が長くなる傾向があります。

 

口唇ヘルペスが発症する周期

口唇ヘルペスを始めて発症した人の約3割が1年以内に再発しているというデータがあります。また、口唇ヘルペスに何度も感染している人の再発頻度は、1年以内に2回が最も多くなっています。以上のように、初めて感染したという方も、何度も感染しているという方も、1年に2回というのが発症する周期として多いという傾向があります。ただ、これは全体的にみればその傾向があるというだけであり、体力や免疫が低下していると、1年に何度でも発症することがあるので注意が必要です。

口唇ヘルペスを発症しやすい時期

口唇ヘルペスは体力や免疫が低下しやすい時期に発症しやすくなります。よって、体力や免疫が低下しやすい時期に多発する傾向があります。体力や免疫は外気温が低い時や高い時に低下します。冬は外気温が低下するので、体温を上げようと体の代謝機能が酷使されます。代謝機能が酷使されると体力及び免疫が低下しやすくなるのでヘルペスが発症しやすくなります。また、冬は風邪を引きやすくなることも体力や免疫の低下に拍車をかけます。夏は気温が上がり汗をかきやすくなるので脱水や熱中症が引き起こされやすくなります。脱水や熱中症になると当然、体力や免疫が低下します。更に、高温は熱疲労を体にもたらすので更に体のバランスが乱れてしまいます。このように、夏と冬は体力及び免疫が低下するので口唇ヘルペスを発症しやすくなります。

ヘルペケアなどの口唇ヘルペスサプリは再発防止や、治療の手助けになり早く治ります。リジンも含まれているため超おすすめです。
ぜひ一度お試しください。詳しくはこちら→ヘルペケア

 

早く治療することが早く治すコツ

口唇ヘルペスを早く治したい!と思ったら、いかに早く治療に取り掛かるかということが大事になります。今はいい抗ヘルペス作用のある塗り薬がありますので、病院に行くのが面倒なら薬局などで購入して早期に治療するようにするといいでしょう。特に、体力が低下している風邪を引いている時や、疲れている時は、症状が悪化しやすくなるのと共に、改善しにくくもなりますので、唇がチクチクする、ムズムズするなどの違和感を感じたら、すぐに薬によって対処するようにすると対処が楽になります。

 

毎年同じ時期に口唇ヘルペスを発症する理由

人によって異なりますが、毎年決まった季節や時期に口唇ヘルペスを発症するというケースがあります。なぜ同じ時期に口唇ヘルペスを発症するのかというと、その時期に決まって体力や免疫が低下するからというのが答えになります。冷え性の人は冬、暑さに弱い人は夏、秋に毎年仕事が忙しくなる人は秋など、その時期に体力や免疫が低下する原因があるから同じ時期に口唇ヘルペスが発症するのです。これは、その人のウイークポイントを見抜く材料にもなります。ヘルペスが出来る時期は病気にもなりやすいということにもなりますので、しっかり体を養生して口唇ヘルペスはもちろん、他の病気の予防にも繋げていくようにしましょう。

 

d41w54da  

-口唇ヘルペスの再発を防ぐ方法