口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスの一般的な治療法

2017/06/06

48ef8ed

口唇ヘルペスになったら、なるべく早期に治療をすることが大切です。ヘルペス症状をなるべく軽症でおさめておくことにもなりますし、強い感染力を持つヘルペスウィルスを広げない為でもあります。ヘルペスウィルスの一般的な治療法をご紹介します。

口唇ヘルペスかな?と思ったら

口唇ヘルペスという病名は知らなくても、口周囲や口唇に違和感があったり水ぶくれができてきた、という症状があったら受診するのは「皮膚科」です。内科でも診断が可能なこともありますが、皮膚科が最も早い診断と治療に良いでしょう。

受診したら問診と視診でほとんど診断はつきます。問診では、身近な人にヘルペスになった人はいないか、同じような症状の人はいないかなどです。視診は医師が見た所見で、特徴的な赤みと限局した水ぶくれで診断がつきます。

鑑別が必要なのは食品や化粧品でのかぶれですが、この場合は唇全体に症状が出るので、限局しているか広範囲かで診断していきます。

 

 

ウィルスが増殖するのを抑える

ヘルペスウィルスは人から人へも感染しますが、同じ人の体内でもウィルスによる炎症症状の火消しをしなければ感染していきます。口唇だけだったのが、顎の下のリンパ節に移って腫れてしまったり、頭痛や倦怠感など全身症状に波及してしまうこともあります。

またウィルスが増殖すれば、それだけ感染力が強くなるので身近な人に移してしまう可能性も増えるのです。ウィルスの増殖を抑えるには、「抗ウィルス薬」を内服します。この薬は早ければ早いほどよく効きます。効果があってウィルスの増殖を早目に抑えられれば、重症化を防ぐことができます。

ヘルペスの発症はウィルスによるものですが、出来てしまった水ぶくれは細菌にとって格好の住みかとなります。細菌が水ぶくれに住み着いてしまった場合には、細菌が感染の原因になることがあります。この場合は抗生物質、細菌に対する薬を使用する必要が出てきます。

 

 

ヘルペスの塗り薬と内服薬

「アシクロビル」「ビタラビン」「バラシクロビル」などが代表的です。アシクロビルは抗ウィルス薬としてウィルスの増殖を抑えますが、単純ヘルペスウィルスに効果があります。できるだけ早期から開始すると効果があり、比較的副作用も少なく広く使われている薬です。

塗り薬と内服と両方あります。ビタラビンも単純ヘルペスウィルスに対する抗ウィルス役として効果があります。これも塗り薬と内服と両方ありますが、塗り薬で使われることが多いでしょう。

半減期といって血中に薬が留まる時間が短く、したがって副作用も少ない薬です。バラシクロビルも抗ウィルス薬として単純ヘルペスウィルスに効きますが、その他の種類のヘルペスにも効果があります。

内服薬とすると吸収率がよく、アシクロビルが1日5回内服しなければいけないのに対し、1~3回で済む利点があります。これらの成分を持った内服と塗り薬を、症状と段階に応じて使い分けていきます。

 

 

ヘルペスの治療法よりもサプリの体質改善

ヘルペスウィルスは早期発見、早期治療がカギです!どの病気においてもいえることですが、早く見つけて早く受診していれば重症化や更なる乾癬は防げます。何かおかしいな、と思ったら早めに受診することです。

また、抗ウィルス薬も市販されていますが、再発の繰り返しである程度知識のある場合は便利でしょう。ただ、それでも悪化したり治りづらい場合や、初感染の時は皮膚科受診をお勧めします。
有名なサプリメントは「ヘルペケア」です。このヘルペケアを詳しく説明していますので見てみてください。
口唇ヘルペスに効果「ヘルペケア」の口コミや効果を調べてみました。

 

 

d41w54da  

-口唇ヘルペスの治療