口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスとは

2017/06/06

fe26f

ヘルペスという単語はたまに耳にすることがあると思います。ヘルペスといってもいろいろな種類がありますが、中でもよく目にする耳にするのはこの口唇ヘルペスが身近であるといえます。

その理由としては、名のとおり口唇にできるヘルペスなので、症状が目立ってしまうことがあります。気になる口唇ヘルペスについて解説していきます。

口唇ヘルペスとは?

ヘルペスとはウィルスの名前です。帯状疱疹と言われるとピンとくる方もいらっしゃる方も少なくないと思いますが、ヘルペスのことを日本語では帯状疱疹と呼ぶことがあります。
このヘルペスウィルスに感染すると限られた箇所だけに多数の水膨れができるという特徴があります。

原因となるウィルスは8種類(現在知られている、もしくは確定されているもの)あり、この原因ウィルスと発症する場所によって同じヘルペスでも種類が分かれてきます。口唇ヘルペスは、その名の通りまずは口唇や口の周りから起こります。
wd4we85

何かにかぶれたかな、と思っていると、その赤みの上に小さな水ぶくれができます。この部分は、かゆみや痛みを感じるので、発症すると口の周りの敏感な場所でもありかなり不快に感じるでしょう。

また、口唇や口の周囲のヘルペスが、次第に口の中に入り込み口内炎を起こすこともあります。

 

口唇ヘルペスの初感染と再発

個人差がありますが、1週間程度水膨れに悩まされますが、その後は徐々にかさぶたになっていきます。乾燥していくことで2週間程度で治まっていきます。しかし、ヘルペスは一度治ったと思っても、再発することが多いのが特徴です。

この再発に関しても個人差は大きいのですが、免疫力が下がってくるとまた症状が出始めてしまうことがあります。疲れていたり、ストレスを感じている時にはご自分でも気づかないうちに免疫力が弱っているので、再発しやすいのです。

また初感染か再発かによっても症状は違います。初感染だと口の周りまで広範囲に5㎜前後の水ぶくれが多発し、熱が出ることも多いです。
最近ではヘルペケアというサプリメントが再発防止に人気があります。

おたふくかぜを起こすのと同様のリンパ節に移り同部位が腫れることもあります。初感染はこのように症状が重いことが多いですが、再発だと水ぶくれの場所もそれほど広くなく、熱が出るまではいかずに軽症で済むことも多いでしょう。

 

口唇ヘルペスの原因は?

ヘルペスは感染症です。口唇ヘルペスの原因となるのは、単純ヘルペスウィルスという種類で、接触感染と言い、触れることで移ります。ヘルペスウィルスの感染力は強く、症状が出ているときはかなり大量にヘルペスウィルスを放出します。

少し触れただけでもハンカチやタオル、食器類の共有などでも簡単に移ってしまいます。なので触れ合うことの多い関係、家族間などでの感染は多くみられ、口唇ヘルペスを発症したら、食器やタオルも共有は避けます。

感染すると3~7日で発症することが多いのですが、わかりづらいのは感染する力は強い割にそれがすぐ発症するとは限らない点です。家族間で感染していても発症しない為、移らなかったと思っていても時に何年も経ってから口唇ヘルペスの症状が出ることもあります。

 

口唇ヘルペスは治せます。

口唇ヘルペスは忍者のような病気です。口唇ヘルペスについて何となくイメージできましたか?ウィルス感染なので、一度かかれば免疫力がつき再発はしやすいものの重症化は稀な病気です。ただ、一度感染すると忍者のように神経細胞にひそみ、体力や免疫力が落ちたタイミングで突然症状が出てきます。

口唇ヘルペスの水膨れの中にはウィルスが潜んでいます。ウィルスですから触れることで感染の原因になることがあります。タオルの共有やパートナーとの接触にも注意が必要といえます。
完治ではないですが再発しないようにすることで気にするほどのことにはなりません。習慣として食生活や睡眠をしっかりとりましょう。
ヘルペケアの様なサプリメントも良いと思います。

忍者のようにひそみ、姿を変えて体内に巣くうウィルスですが、対抗するには心身ともに健康な状態を保つことです。

 

d41w54da  

-口唇ヘルペスとは