口唇ヘルペスの再発を防ぐ方法

口唇ヘルペスが再発しないためにはコレが必要なんです!

2017/06/06

5fe1f51e

口唇ヘルペスは一度治っても、体力が落ちたようなときに再発しやすい病気です。風邪をひくと毎回口内炎やヘルペスができてしまう、などというのはよく聞くことです。でもできれば再発することなく過ごしたいものです。できるだけ再発を防ぐような生活を心がけましょう

口唇ヘルペスは体力や免疫力を下げてはダメ!

口唇ヘルペスの再発は、体力が落ちたり免疫力が落ちたときなどに起こります。風邪をひくなど病気にかかったり、疲労がたまっていたり睡眠不足の状態だったり、悩みや不安など精神的に落ち着かなかったりと、心身ともにストレスがかかっているような状態の時に再発しやすくなります。

また、強い紫外線に当たりすぎても下がります。つまり日常生活でこれらのストレスをかけないようにする事が大切です。仕事が忙しくても、出来る限り休息をとり疲労を貯めないようにしたり、気分転換の方法を知っておくことで代替えすることもできます。

偏食や過食などは体の抵抗力を下げます。できるだけバランスよく、良いタイミングで食事するようにしましょう。また、適度な運動習慣は体力をつけますし気分転換にもなります。たばこはヘルペスだけでなく、その他の病気や他の人に対しても有害なので、禁煙が勧められます。

深酒や夜更かしも体力を落とす原因となります。また紫外線対策として、帽子やマスクも有効です。これらの免疫力や体力を下げる要因を避け、できるだけ健康的な生活をすることが再発を防ぐカギになります。

口唇ヘルペスの感染、重症化を防ぐ

口唇ヘルペスの症状がおさまっても、ウィルスは体内から完全に除去は出来ないことがほとんどです。何かの際に感染させてしまう事を忘れてはいけません。体力が落ちて、ウィルスが活性化されていそうな状況の時は、タオルや食器類を共有しないようにしましょう。

タオル類の洗濯は一緒でも大丈夫ですが、よく日光に当てて干します。また唾液からのウィルスは長く残ります。食器類はよく洗う必要があります。特に、感染症状が出ているときは、触れてしまえば移ると思っていることが大切です。

特に、アトピー性皮膚炎を持っている人は感染しやすいので要注意です。また、時として重症化することを知っておきましょう。水ぶくれを放置して細菌感染してしまって治りづらかったり、また稀ですが「ヘルペス脳炎」になる危険もあります。

単純ヘルペスウィルスが鼻の粘膜から脳へ移行してしまうことで、発熱や頭痛、嘔吐、異常行動などがみられる時は脳炎になってしまった可能性があります。とにかく早期発見、早期治療が大切です。

口唇ヘルペスの再発を繰り返すならサプリメント

日常生活を気をつけているのに再発を繰り返すような時、ヘルペス専用のサプリメントがあります。

「ヘルぺケア」という名称で、主にリジン(タンパク質を作るアミノ酸で、体内では作られず食品で取るしかないので不足しがち。疲労回復効果や肝機能に対して効果があるので若さの秘密と言われてもいる。単純ヘルペスの要望改善にも効果あり)という成分で構成されています。

口唇ヘルペスになると、見た目も気になって人前に出たくなくなったり、ずっとマスクをしていなくてはならなかったり、食事もおいしく感じなくなってしまったりするものです。
常日頃から日常生活を気をつけるとともに、サプリメントでバランスがとれれば効果的でしょう。

ただ、合わないと思う時は中止しましょう。「ヘルぺケア」なら、30日間のお試しができるので使いやすいでしょう。

口唇ヘルペスの再発はダメ絶対

自分に合った再発予防策を見つけましょう。ヘルペスが再発してしまう機構は理解できたでしょうか。再発予防に規則正しい生活や運動などは大切ですが、きちんとしようと思いすぎ食事作りや苦手な運動に固執すると、かえってストレスを溜めかねません。

自分に合った方法で、できることから始めるのが大切です。時間が無いときはサプリメントなども上手に活用しながら、できるだけ再発の無い生活を目指しましょう。

d41w54da  

-口唇ヘルペスの再発を防ぐ方法